料金の安い脱毛サロンでも大丈夫?

脱毛サロンは、多く存在しますが、その中でも格安の料金で脱毛を行っている施設があります。その時に生まれてくる不安は、やはり、料金が安いから脱毛を本当に行ってもらえるのかということです。

これは脱毛サロンにもよるのですが、料金が安くても特に不安になることなく脱毛することができます。むしろ、部分脱毛となると数百円から高くても数千円ほどで行うことができる場所が増えているということもあって、かなり注目されているのです。

安いからといって質の悪い脱毛を行っているかというと、そういうわけではありません。むしろ脱毛自体、肌に負担をかけることになります。

肌に負担がかかってしまうと、皮膚病のリスクを高めてしまうことになるのですが、これは料金が高いサロンで行ったとしてもあまり変わらないのです。

そのために、格安で運営している脱毛サロンで脱毛を行っても特に問題はないのですが、サロンによってはアフターケアを行わないなど、施術以外の点でコストを削減している場合がありますので、そういった点においては良く確認をすることをおすすめします。

そのほか、店舗の内装にお金をかけているかどうかなども料金に反映されてくるケースがあります。

実際の施術内容にはほとんど関係ないため、清潔であることは大前提ですが、さほど気にしないという方は格安脱毛サロンを選んでも大きな失敗はないと考えます。

脱毛サロンごとに施術方法に違いはある?

脱毛サロンで行っている脱毛の施術方法には大きく2つの種類があり、それぞれ違いがあります。

一つ目は光脱毛と呼ばれる物で、特殊な光を当てて毛が生えてくる周期に刺激を与えて毛が生えないようにするものです。この脱毛方法では、施術部位にジェルを当て、そのジェルの上から特殊な光を当てます。

この光は直接では肌に負担をかけてしまい、施術後も肌を冷やす必要があります。アイスノンのようなもので冷やすサロンもあれば、施術のために塗ったジェルで冷やすサロンもあります。どちらも施術後は一定時間肌を冷やす時間を設けて肌を休めます。

二つ目は電気脱毛と呼ばれ、毛を特殊な機械で掴み刺激を与えて毛根に直接刺激を与えて毛が生えないようにします。この脱毛方法では、毛をつかまないといけないため、多少毛が長くないと施術を行うことができません。

また、施術後は毛根に刺激を与えるため赤く膨らみます。時間が経てば元に戻りますが、それまでは肌を洗うといった強い刺激は与えることができます。

どちらの施術も多少の痛みは伴い、料金も異なるため、事前にホームページなどで確認をする必要があります。

なお、光脱毛を行っている脱毛サロンはミュゼプラチナム、脱毛ラボ、銀座カラー、エターナルラビリンス、キレイモなどがあり、現在主流の脱毛方法となっています。

一方で電気脱毛はTBCの一部のコースで取り扱っています。脱毛力が高いのが魅力ですが、施術に時間がかかることと光脱毛に比べて痛みが強いのがデメリットです。

一般的には光脱毛(フラッシュ脱毛)を採用しているサロンが多いので、あとは使っている脱毛マシンごとの違いになると考えて良いでしょう。